- ヒプノセラピー前世退行●個人セッション

新しい自分に生まれ変わる「ヒプノセラピー前世退行セッション」

 

自分に自信がない… 恋愛を楽しめない…

仕事がうまくいかない… トラウマから抜け出せない….

それは、前世の記憶が原因かもしれません

 

新しい自分に生まれ変わる「ヒプノセラピー前世退行セッション」

 

前世退行セッションとは、催眠状態において前世の記憶・イメージを追体験し、振り返るプロセスを通して、魂レベルで自分の姿に気づいたり、現在抱えている問題の原因の確認、軽減、解消につないだりするセッションです。苦しさ・生きづらさが、短期間で改善することがあります。

 

少し長いですが、私の経験を少し書いてみようと思います。

 

~不安を解消するために、前世退行セッションを~

4年ほど前、

通っていたセラピスト講座の終盤を迎えていた頃のことでした。

 

セラピストとして独り立ちする時期を目前にして、

「本当にわたしにできるのか?」

「会社や組織に属さない独り立ちって、丸裸で怖すぎる」

と不安にかられたわたしは、動けなくなっていました。

 

考えても考えてもどうしたら良いのか、名案は浮かびませんでした。

 

そんな時に受けたのが、ヒプノセラピー前世退行の個人セッションでした。

 

このセッションは一言でいうと、

自分に課している制限がひとつ、解放されたセッションとなりました。

どんなことが起きたのかというと・・・

 

前世退行のセッションというのは、

セラピストに誘導に従って入っていって、

自分の前世をまるで夜見る夢のように見ていくセッションです。

 

当時のわたしの「動けない」問題を解決するために、

その原因を見に行くことを意図してセラピーに入っていきました。

 

すると、わたしの問題の原因

(潜在意識は一言で言えるほどシンプルでないので、ストーリーとなって出てきます)

が見えてきました。

 

 

~前世の記憶から見えてきた今の自分~

前世のわたしは、ヨーロッパで生きた戦士でした。

あてもなく朝日に向かって歩いているところから、その場面は始まりました。

 

軍の中にいて、戦いに行き、人を殺し、

勝つたびに褒められて、認められて、武勲を上げる。

 

人を殺すことに関して何も感じておらず、

それが自分の仕事だとしか思っていませんでした。

 

自分が残酷なことをしていることも分からず

何も感じることもない。

喜びも悲しみも嘆きも歓喜もない人生が、

淡々と過ぎていく。

 

「何のために生きているのか、分からない」のが、

あてもなく朝日に向かって歩いている自分の中にあったのも感じていました。

 

 

ところがその人生後半で突然、

自分が殺した人々に家族がいたことに気づき、

その人たちをどれだけ悲しませてきただろうかということに気づき、

前世のわたしはひどく後悔をはじめます。

 

取り返しのつかないことをした

許されないことをした、と

猛烈と自分を悔い、自分を責め始めました。

 

と、その時に

ただただ話を聞いてくれる女性と出会いました。

 

心の吐露が受けとめられた頃から、

白黒だった景色がカラフルに見えるようになりました。

 

 

ほとんど喜びを知らず、

笑うことも知らず、

戦いに行って、

勝つことだけのために生きた前半生。

 

そして

 

罪悪感にさいなまれ、

償いをし、

後悔のうちに生きた後半生。

 

前世の自分の人生を振り返りながら、

わたしが思い知ったのは

「悪い人はいない。傷ついた人がいるだけだ」

ということでした。

 

誰かの愛を感じることもなく、

あたたかな家庭の中でほっとすることもなく

生きてきた淋しさ。

 

満たされることのなかった

この空虚感と淋しさを感じてみると、

 

心の穴を埋めるために

武勲を上げて称賛を得ずにはいられなかったこの人を、

「悪い人」と言い切れないと思いました。

 

~前世の自分を許したら楽になれた~

さらに、傷が傷を生む連鎖があったことも分かりました。

 

愛を教えられていたら、愛を与える大人になっていたことでしょう。

力で決着つけることを教えられたから、力にたよる大人になったのだ

と感じました。

 

“殴られて大きくなった子どもは、力にたよることを覚える・・・“ という詩がありますが

その一節にある通りでした。

 

力に屈した屈辱と痛みが浮上し、

あぁ、痛かったなぁ・・・

と古い染みついたような痛みも出てきて、

 

その痛みと、悲しみと、空虚感と、罪悪感を感じた時に

わたしは前世の自分を許しました。

 

 

感じることは、分かること

分かることで、許せる(手放せる)のです。

 

罪悪感にさいなまれながら、

自分を罰するようにして生きてきた癖。

それは、前世から引き継いで今でもやっている私の癖。

 

自分を罰して生きる癖とは、

自分が自由になってはいけないと、

自分を縛るような生き方でした。

 

自分を許して、

無自覚に続けてきた「自分を罰して生きる癖」が軽減していったと同時に

「本当にやってみたいことをやってよい」

自然とそんな気持ちになっていました。

 

 

セラピストとして独り立ちする、ということを考えた時に

スキルの問題やお金の不安は尽きないけれど、

シンプルに「行きたい方向に行く」ことを

していこうという気持ちになりました。

 

身動きできなかった現実のわたしは、

固くなったしこりがほろほろと溶けていくように

 

ここから少しずつほぐれた自分を

生き始めることができるようになりました。

 

~幸せになるためには自己肯定感が必要~

この個人セッション後、

一人でしばらくボーっと海を眺めました。

 

ボーっと海を眺めながら、

もっとシンプルに生きていいんだ

自分に許可しました

(許可したというよりも、なんとなくそう思った、そう分かったという方が実体験に近いですが)。

 

やりたいことがあるなら、やってみればいい。

失敗したなら、それはそれまでのこと。

こわいのは、当たり前。

こわければ、やめてもいい。

こわくてもやりたいなら、やってみればいい。

 

ビビりながら、ベソかきながら、

そのまんまの自分で生きてみればいい。

 

海を見ながらそんな気持ちになってきた頃に、

今のこの自分にOKを出すことができました。

 

そして

ビビる自分も引き受けながら、

進むことを決めることができました。

 

 

こんな風に

“やりたい、けど動けない”
“どれだけ考えても決められない”
“どうしたらよいのか分からない”

というような時(「頭」と「心」がそろわない時)、

じっくり自分と向き合う時間をもつとよいと思います。

 

きっと自分の心のどこかに、

「分かってほしい」マインドがあるはずだと思うのです。

 

じっくり分かってあげることが、

自分を認めてあげることになる。

自分を肯定してあげることになる。

健全な自己肯定感や、健全な自己愛が育つことになる。

 

そして結局のところわたしたちは、

仕事の悩みやパートナーシップの問題を通して

健全な自己肯定感・自己愛を学んでいるのだと思います。

 

逆にいえば、

健全な自己肯定感・自己愛を土台として、

仕事やパートナーシップやお金が

うまくまわるようになるのだと思います。

 

【こんな方にオススメ】

・自己肯定感を手に入れて大きな目標に挑戦したい人

・ネガティブな思い込みを手放して幸せなパートナーシップを手に入れたい人

・ブロックを解放して自分らしく生きたい人

・前世を知りたい人(ただ知るだけで自分に自信がつく人もいます)

 

【こんな変化を期待できます ~お客様のご感想より~】

・自分が本来の魂と繋がることができて、ただ自分自身で居ることができました。(K. O.様 40代女性)

・本当に欲しかった感覚、帰るべきところに帰って安心するという感覚がとても腑に落ちました。(M. O.様 40代男性)

・自己肯定感が増して、自分の在り方が間違ってなかったと改めて思えました。未来が楽しみになりました。(M. K.様 40代女性)

・自分にも幸せだった時(過去)があったのだと思い出させてくれたヒプノ前世体験でした。それを現実にも見せてくれた出来事がありました。自分が今を生きていることを再確認できました。(R. O.様 50代女性)

 

 

ヒプノセラピーは、

潜在意識レベルで理解し、自分が変化していきます。

だから、変わろうと頑張らなくても

自然に変わっているのです。

 

そして、前世(本当に前世があるかどうかは分かりません。心の癒しを目的としたメタファーとしてわたしはとらえています)の自分の人生全体を俯瞰してみるこのセラピーでは、

自分の源(魂)からあらわれる、深い気づきを得られるのです。

 

あなたの本質の輝きを生きて、豊かな人生を♡
占星術&セラピー
山咲マリア
peace of i