●心の癒し

パートナーに分かってもらえないと悩む時に ①自分を知る

 

パートナーには、いつも一番に自分のことを理解してほしいのに、分かってもらえない

そんなことありませんか?

そんな苦しさから抜け出す方法を、今日から何回かに分けて書いてみたいと思います。

 

 

大切な人に分かってもらえないとき、または分かり合えないとき

まず言えるのは、彼とあなたに(あるいは彼女とあなたに)、違いがあるってこと。

その違いは、恋愛初期には、おそらく強烈な磁力となって二人を近づけたはず。

でも恋愛も安定期に入り、なんなら一緒に住み始めたりすると、その違いが「分かってもらえない」「分かり合えない」という問題の原因になったりします。

たとえばわたしは主観的・感情的な人間です。だから恋愛初期には、冷静で論理的な説明をできる人を、スゴイ!と尊敬し、カッコイイと思うのです。それは、自分が持っていない要素を相手が持っているからこそ。

ところが恋愛も安定期に入ると、客観的・理論的アドバイスされることがイヤになってきます。ただ「そうか~」と共感して聞いてもらえたら、私は気持ちが盛り上がって満足するのに。さらにそれが正論だったりすると、グーの音も出ないと同時に「(気持ちを)分かってもらえなかった」とモヤモヤが残るのです。

 

こんな時に、自分にとって何が大切なのか、相手にとって何が大切なのか、その違いを知っていることが問題解決の糸口になると思うのです。

もっと言えば、あなたとその人が「どんな価値観を持っているのか」を知っていたら、二人のおつき合いや関係性をスムーズにすると思うのです。

人間関係に悩むわたしにとって、一番シンプルで分かりやすかった人間理解の方法。それが、占星術の「4つの価値観(四大元素)」でした。

今日はそれをご紹介しますね。

 

 

4つの価値観(四大元素=占星術より)

※あなたの大切な人やご家族の星座(太陽星座)は、こちらから調べられます

 

① 火(おひつじ座・しし座・いて座)

「火」の人たちが大切にする価値観は、「熱く燃える情熱、感動、興奮、充実感」です。

なにしろ情熱家ですから、情熱に火がついたら止まれない。ノリや勢い、盛り上がり、エネルギッシュ、大胆でスピーディ、直観・ひらめきに突き動かされる。人生がドラマティック。明るく楽しく元気よく生きるのが、「火」の人たちらしさ。

 

② 地(おうし座・おとめ座・やぎ座)

「地」の人たちが大切にする価値観は、「安全・安定・安心」です。

揺らぐことのない大地のエレメントですから、確かなもの、目に見えるもの、信頼できることを大切にする。着実、堅実、誠実、現実的で結果重視。継続力、忍耐力をもち、コツコツ努力する。地に足のついた人生。地味なようだけど、この人たちの「確かさ」はやはり安心で落ち着きます。五感に優れるのも魅力的。

 

③ 風(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)

「風」の人たちが大切にする価値観は、「フレッシュであること、変化と刺激、情報と知識」です。

空気が循環しないと淀むように、いつも新鮮な風を取り入れていたい。新しいものの可能性に開かれている。客観的で論理的。思考的で言語能力高し。サラッとしていてクール。情報いのち。頭で理解すること、言葉で明確化すること、概念的・精神的分野に強い。

 

④ 水(かに座・さそり座・うお座)

「水」の人たちが大切にする価値観は、「愛情、感情、思いやり、優しさ」です。

情緒の共感・一体化を求める。人と人との気持ちの交流を大切にする。言葉にしなくても分かり合える、共感能力の高さを持つ。愛情深く、受容的。親切、あたたかい人柄。物事の判断基準が、好き嫌いの気持ちやムードだったりする。判断基準を尋ねられると「なんとなく」と言ったりする(←判断基準が自分の感情だと、説明のしようがない)。

 

 

どうでしょう?

あなたの大切にする価値観と、あなたの大切な人が大切にしている価値観、あらわれていませんか?

たとえ星座が分からなくても、あてはまるんじゃないかと思います。

どちらが正しいとか間違っているとかじゃなくて、ただ価値観が、タイプが、「違う」んだということ。

あなたが、もしも「分かってもらえない」ことに傷ついてしまっているとしたら

まずは、あなたが大切にするあなたの価値観に、立ち戻ってほしい。

あなたが大切にしたいものを、ちゃんと大切にしたらいい。

あなたが自分のそれを大切にすることができたときに

人が大切にしている価値観を、大切にしてあげることができる。

あなたと人が「違う」ことを認めた上で

「違い」とどうつき合っていくか、道が見えてくる。

あなたが、「わたしはこうなんです」とちゃんと伝えることで

あなたの価値観を分かってもらう、道ができてくる。

だから、自分を知るということが大切です。

 

 

そしてね、あなたにとって馴染みの価値観と、苦手な価値観があるかもしれない。

人は、最終的に4つの価値観すべてが必要です。どれも必要。

生まれながらにして4つのすべて持っていなければ、後天的に学ぶのですよ。

たとえばわたしは、「風」を持っていないから、「風」をうまく使えなくて失敗しがちです(特に客観的な視点が苦手)。

だから、「風」の星座の人たちは、わたしにとっては先生なんです。

あなたにとっても、人間関係で苦労するとき、

あなたの苦手な価値観をその人を通して学んでいるのかもしれません。

キツイかもしれないけどネ。

ゆくゆくは、それがあなたの全体性を開くことに繋がっていくのだろうと思います。

 

 

一般的には太陽星座を見ます。

でもわたしたちは全部で10個の星をホロスコープに持っており、どれも使っています。

恋愛の時は、金星星座・火星星座を使います。

結婚すると、月星座を使います。

太陽星座も、大事です。

パートナーシップに悩む時、まずは自分を知ることが問題解決の入口になります。

そのあたりに向き合ってみようと思う方、セッションでお待ちしています!

 

占星術 個人セッション

◆自分を知りたい方はこちら

◆自分を知りパートナーを知り、問題解決をめざす方はこちら

 

あなたの本質の輝きを生きて、豊かな人生を♡
占星術&セラピー
山咲マリア
peace of i