●宇宙の流れ・心のリズム

今週の星読み

 

今週とても特徴的なのは
14日のふたご座新月です。

始まり感が半端ない、という感じがします。

先週は、手放しのときであり
外に向かって咲き誇る前の、内に向かって整えるときでした。

スペースがクリアになり、時満ちて、始動する今週となりそうです。

来週にはいのちが最も輝く季節、夏至を迎えます。

仕切り直しをしたい方には、グッドタイミングだと思います。

 

 

 

ふたご座の新月とは、太陽と月がふたご座において重なる新月です。

ふたご座は、こんなマークを描きます。

 

↑ふたご座のマーク

 

上向きの三日月 と 下向きの三日月。
これは、 高次の精神 と 低次の精神 をあらわすと言われます。

ふたご座の神話に登場するふたごの男の子、
カストル(人間の子、限りある命を持つ) と ポルックス(神の子、永遠の命を持つ) も有名です。

 

↑MrPsMethopediaより画像お借りしました

 

“神の世界” と “人間の世界”。

異なる二つの世界を繋ぐこと、それがふたご座の世界観です。

 

すべての人が、自分の中に「ふたご座の部分」を持っています。(ふたご座でない人も、人生のどこかでふたご座を学びます)

そしてすべての人の中に、“神の世界” と “人間の世界” があります。

“神の世界” とは、あなたの中にある神性です。

 

たとえば、あなたが「愛」の素晴らしさを知っている人だとしましょう。日々の暮らしの中で、あなたが「愛」を発する人となっているでしょうか。

「愛」を発するとは、どんな言葉を人にかけてあげることでしょうか。どんな行動をとることでしょうか。

 

異なる世界にあった 神性(“神の世界”) と 自分(“人間の世界”)。今週、多くの人が統合し始めるのではないかと思います。

つまり、あなたの中の神性を
「知っている」→「(自分が)そうである」→「実践する」というプロセスをたどるのだろうと思います。

 

「そうである」と気づくことは、あなたの「在り方」「生き方の姿勢」を変えるかもしれません。何をすべきか考えるよりも、もっと深い「在り方」が決まる。すると自然と、行動も思考も決まるのだろうと思います。

 

話は少しずれますが、このところ 心の奥深くを見つめる人が多い(さそり座木星の影響か)と感じます。自分の奥底を歩きながら気づきを得るチャンスだと思います。根底の在り方から変わり、現実に根づかせる(やぎ座土星の影響)ときでもある。だから、価値観・経済・社会・暮らしが変わっていく(やぎ座冥王星・おうし座天王星の影響)ことになるのだろうと思います。

 

さて話は戻って、ふたご座の神話の主人公、人間の子カストル と 神の子ポルックス 。お話しの続きはどうなったかと言いますと、

限りある命を与えられた人間の子カストルが死んでしまったとき、ポルックスはひどく嘆き悲しみました。そして自分の永遠のいのちを二人で分かち合いたいと願い、一日は冥界、一日は人間界を行き来しながら過ごせるようにゼウスに頼みました。

ふたごでありながら、異なる世界を背景にもった二人。最終的には異なる世界を繋ぎ、一つになりました。

わたしたちにとっても、真に統合していく始まりです。

今週14日のふたご座新月は、アセンダント(日の出の位置)上で起こります。たいへん象徴的な星の配置で、大きな大きな始まりのときなのです。

今週も素晴らしい一週間をお過ごしください。

 

本質から生きて輝こう♡
星と心のセラピスト
山咲マリア
peace of i

 

個人セッション

◇トータル・ヒーリング・セラピー
~潜在意識を癒して、本来の自分の輝きを取り戻すヒプノセラピー~
https://icelue00.com/totalhealingtherapy/

◇占星術リーディング
~自分を深く知るために、星と心を繋ぐ星読みセッション~
https://iceblue00.com/horoscopereading/

◇星が導くあなたの本質から生きるプロジェクト
~星を活かして生きるために、星を超えて生きるために~
https://iceblue00.com/essenceproject/

◇お申込み・お問合せはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S86734427