前世退行療法

わたしたちは、オギャアと生まれてから現在までの経験の中で、
ある出来事や体験の記憶が 身体や内臓などエネルギー体に残り
ネガティブな感情を伴う体験パターンや 身体の不調となって表れ
人生に影響を及ぼしてしまうことがあります。

それと同じように、前世(過去世)の未解決な問題が
現在の人生にネガティブな影響を及ぼすこともあります。

セラピーでは、潜在意識下にある
ネガティブなビリーフ(信念・観念・思い込み)と
感情エネルギーのブロックを認識し、

悲しみや怒り、恐れなどのネガティブな感情を癒し、解放していきます。

過去が癒されていくことは
現在や未来を癒すことも可能にします。

前世(過去世)という言葉は使いますが、
実際には「永遠の今」の、あるポイントにおいて
癒していくヒーリングセラピーです。

*前世(過去世)が本当に存在するのかどうか、
思われる方もいらっしゃるでしょう。

この前世療法においては
「前世が存在するか否か、
前世や輪廻転生を信じているかどうか」
ということは重要としません。

あくまでも、気づきを起こし癒しに導くためのツールとし、
セラピーを受ける方の悩みや問題が
解決されて癒しが起きることを目的としています。

 

もともと催眠療法(ヒプノセラピー)の歴史はとても古く、
古代エジプトや古代ギリシャにおいても
病気治癒に使われており、
エジプトの医学文献「エベルス・パピルス」に
催眠療法の最古の記録が見られるとも言われています。

18世紀から19世紀には、
ヒプノーシス(眠りの女神=ギリシャ語)の語源にも
なりました。

近年になってフロイト、ユングの心理学の分野で
催眠療法の研究が加速的に進み、
中でも前世療法は 1950年代頃から
精神科医が催眠療法を行っている際に、
自然発生的にあるクライアントが前世(のような場面)に戻って
癒しが起きたことから、研究が開始されたと言われています。

 

前世(過去世)療法では、このようなことが可能です。

・ 前世を再体験し癒すことで、今生きている人生へのネガティブな影響から解放される

・ 生まれてきた理由、両親を選択した理由、ソウルメイトを知る

・ 前世からのポジティブな感覚や才能を、今生きている人生に持ち帰ってくる

・ ハイヤーセルフ(大いなる自己)と対話する

・ 特定の人との関係を前世から探る

前世療法は、他の誰でもなく、あなた自身が体験し、
しっかりと感じることによって気づきや癒しが起きていきます。